HOME

About Us

研究室

広報室

共通資料室

新着情報

ブログ

公募班

募集告知

他分野との

ジョイント募集

2018~2019年度 公募班

小沼グループ

富樫グループ

新美グループ

細谷グループ

松尾グループ

立川グループ

萩原グループ

戎家グループ

川瀬グループ

新美グループ

​研究課題名

​研究課題名

研究代表者

​研究分担者

連携研究者

目的

期待される成果

班員との連携

Webサイト

カブトムシ角の3D形態を自在に改変する技術の創出

新美 輝幸

森田 慎一

本研究は、カブトムシの角が近縁種間で極めて多様な3D形態をとることに着目し、3D形態の変化を生む遺伝子の特定、発現の量・位置の違いを定量、さらに、効率的に遺伝子導入を行う技術を開発する。これらの情報・技術を応用することで、カブトムシの角に任意の3D形態をデザインし、作り上げることが可能になる。本新学術領域では、カブトムシ角の3D折り畳みのロジック解明を大きな目的としているが、申請者のプロジェクトは、折り畳みの分子的な基盤を提供するとともに、マクロなロジック(仮説)の実験による証明にも必須となるはずである。

本研究で得られる情報・技術を組み合わせ、角形成遺伝子を任意の組み合わせで人為的に発現させることで、角の形を自在に変化させることが期待できる。

本研究で得られる基礎的データを近藤班および井上班へ提供することにより角原基の折りたたみ構造の数理モデルの構築が推進されることが期待される。